ABF_icon.png

2021.9.1 ハイエンド向け飲食店開業支援特化型ファンド「ABF1号ファンド」立ち上げのお知らせ

 株式会社ABF Capital(以下ABF)(本社東京都港区、代表取締役:熊原充志)は、2021年8月5日に設立したABF1号投資組合(以下ABF1号ファンド)について、9月7日ファーストクローズを完了する予定であることを知らせいたします。クローズ完了後は投資の実行・バリューアップと並行しながらファイナルクローズに向けて、資金調達を続けてまいります。

 ABFは才能ある一流の職人が、自身の活躍・表現のフィールドを広げる際にネックとなる財務・経営・法律の面でサポートすることで、職人の方々が事業面での不安や悩みを抱えることなく才能を磨くことに集中し、正しく評価される世界を目指しています。

 ABF1号ファンドでは、飲食店に関わる才能あるシェフ・板前・パティシエ・ソムリエ等の職人を対象として、彼らの独立開業、他事業展開を支援いたします。開業時の資金面のみならず、エキスパートの紹介、開業後の財務管理、顧客管理、労務管理等、経営に必要なあらゆる機能を、投資先が自走できるようになるまで一気通貫でサポートします。

 ABF1号ファンドとして、直近では2件の投資が確定しており、今年度中に会員制フレンチレストラン、洋菓子店を開店します。詳細に関しては開店日が定まり次第、HP上にて掲載予定です。また、並行して様々なジャンルの職人に対し投資を行うことを検討しており、こちらも投資実行が完了し次第HPにて詳細を掲載予定です。

 今後もさらなる才能の発掘・投資を実行し、その経営を支援することで一流の職人の方々が活躍することを加速させてまいります。